ポコリン公園

ネコ 2008/05/06

             IMG_1190.jpg

我が家の前の低い土手を登ると、粘土質で植物の生育には不向きな土壌が広がっていて、そこには主に野生の小さな松の木ばかりがポツリ、ポツリと生えています。

その松の木々の間には草がほとんど生えず、適度な広場があちらこちらに散らばっているのです。

その風景を見ると、まるでミニチュアの公園に来ているような錯覚を覚えます。

松の木は高くても私の背丈ほどしかなく、その間をノッシ、ノッシ歩く私は、さながら公園を荒らす巨人にでもなったかのよう。。。。。。

そしてこの場所はポコリンの遊び場でもあります。彼にとってサイズ的にも、公園としてちょうどよい場所です。
そんな理由から私はココを「ポコリン公園」と呼んでいます。


時々は私もポコリンと公園へ行き、一緒に遊んだりします。             
     
            IMG_1151.jpg

私が松の木の茂みにかくれ、「ポコリーン!こっちこっちー」と呼ぶと、チリチリ首輪の鈴を鳴らしながら探しに来てくれます。
このかくれんぼというか、鬼ごっこというか・・・な遊びに夢中になる我々・・・・

   
                  IMG_1186.jpg

           しかし、しばらくするとあきてしまいごらんのとおり・・・・・・

     
                  IMG_1187.jpg

                  「ポコリーン!こっちこっちー

                  
                    「・・・・・・・・・・・・・・・」



        
Comment 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう