浄法寺漆

未分類 2008/08/14

               IMG_2571.jpg

漆の里、浄法寺町へ行ってきました。  浄法寺は日本一の漆の生産地です。

その漆を使った浄法寺塗も一切の装飾を省き、シンプルながら職人が一つ一つ丁寧に沢山の工程を経て作り上げた究極の漆芸と言えるでしょう。
浄法寺塗は、ふだん使いの器として作られているものがほとんどなので、食卓になじむよう使いやすくあきのこないデザインを追求して、仕上げの研磨はしていません。
そのため、使い込むほどにまるで釉薬を塗ったかのようなつやがでるそうです。

ヨーロッパなどでは陶磁器を「CHINA」 漆器を「JAPAN」と呼ぶように、漆器は日本の代表的な工芸品です。

やはりワタクシも日本人。日々の生活に漆器をどんどん取り入れていこうと改めて思いました。


Comment 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう