銀盤に輝く

未分類 2008/10/27

                  pfg1.png

フィギュアスケートのグランプリシリーズがいよいよ始まりましたねー

男子の小塚崇彦さんが初優勝しました。オメデトウゴザイマス

日頃テレビで放送されるスポーツ関係の番組を積極的に見る方ではないのですが、フィギュアスケートは別です。
フィギュアスケートに関してはそんなに詳しくはないのですが、うっとりするほど美しかったり、見ているこちらも力が入ったり、ワクワク ハラハラして大好きです。

個人的にはキム・ヨナさんの演技が好きですねー 細く長い手足で美しいスケーティングと表現力。加速したままのジャンプ。安定したスパイラルやスピン。 見とれてしまいます。

もちろん日本の浅田さんや、安藤さん、中野さんも素晴らしい選手で、日本人として誇りに思いますよね~  
日本はジャンプばかりが話題になりますが、みんなそれぞれ表現力もグンと良くなり、より一層見ごたえがあります。

男子は日本の高橋選手のステップと、スイスのステファン・ランビエールのスピンがやっぱり素晴らしいなーと思います。

                  IMG_3220.jpg

そして、フィギュアスケートといえば、やはり 「少女マンガ」 これを忘れてはなりません。
少女マンガなら 「バレエ」 の方が多く取り上げられておりますが、フィギュアスケートもなかなか名作が多いです。

有名なところでは 
 
●上原きみこさん 「青春白書」 主人公の女の子が4回転ジャンプに成功したり、その後何やら試練が続き(恋人が失明etc・・・) 女子シングルからペアに転身・・・という内容だったような・・・・(うろ覚えです・・スミマセン・・・) 今から30年近く前に、この主人公は4回転ジャンプしてたんですねー 
女子の4回転ジャンプなんてマンガの世界だけかと思っていたのに、今や安藤美姫選手が成功しているんですから、時の経過とスケートの進化を痛感させられます。

●槇村さとるさん 「愛のアランフェス」 ペアの話
           「白のファルーカ」 アイスダンス 「愛のアランフェス」 の続編になっています。

その他変わり種としては 川原 泉さんの 「銀のロマンティック・・・わはは」 というのもありましたねー  
男子スピードスケートの選手がフィギュアに転身というコメディー  これも面白かった・・・・

基本、少女マンガの世界では恋愛話が核となりますから、ペアの話が必然的に多くなっているのでしょう。 
フィギュアスケートマンガは(バレエマンガも同様)華麗でなおかつ、そう簡単には実現できない世界。。。
だからこそ少女たちは憧れてマンガの世界にのめり込み、淡いため息をついていたに違いありません。

上記の作品達ほど有名な作品ではありませんが・・・・
↑上の画像は おおやちきさんの 「雪割草」 
とにかくこれぞ少女マンガ!と言えるほど絵が実に華麗で繊細。 内容はドロドロしています・・・・・・・

        IMG_3221.jpg   IMG_3222.jpg
そしてあの、都会的でお洒落なイメージの小椋冬美さんも 「mickcy(ミッキー)」 というスケートマンガを描いておりました。右の画像はミッキーの恋人グレイ。今見ても素敵・・・・小椋冬美さんの描く男子はどんな時代の作品でもステキ・・・・・・


さて、ご紹介した作品が少々(?)古くてわからない方もいらっしゃるかと思いますが、私自身もリアルタイムではないものもあります(一応ね・・・)  が、私は80年代以前の少女マンガばかり読みあさってきましたので、最近の少女マンガにはめっきり弱くて・・・・ちっともわからないのです。。。スミマセン・・・

「最近でもこんなスケートマンガありますよー」 って方、いらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいね!

Comment 2

コメント

いつもみています

初めて書き込みます。よく拝見しております。これからも遊びにきます☆
URL | 久美 #-[ 編集] | 2008/10/28 13:50

★久美さま★
コメントありがとうございます。
いつも当ブログを訪問していただき、嬉しいです。
これからも、チョイチョイ覗きに来てくださいませ。
URL | maki #-[ 編集] | 2008/10/28 20:57

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう