靴下考

お気に入り 2009/02/09

                IMG_3639.jpg

家にいる事が多い私は、家の中では冬以外靴下をはいていません。

冬はさすがに寒いので靴下をはきます。
しかし、この靴下というアイテムは厄介で、正座をする癖がある私には少し困る事があるのです。

正座しては立ち上がりの繰り返し行動をしていると、靴下がズルズルと下がってきて、しまいには立ちあがって歩き出すと、ビローンと半分以上脱げてしまい、まるで忠臣蔵で吉良を切りつけた浅野のはかまのごとく引きずり、イライラ・・・・

特にお安い靴下はやはり、値段に比例していてゴムが伸びやすい・・・・・・そして穴もあきやすいし、すぐ毛玉になるし・・・・

少し奮発して良さげな靴下を購入しても、気に入って何度もはいていると、上記のような事が必ず起こります。 

靴下はやはり消耗品なのね・・・・・・あきらめムードにもなりますが、せめて少しでも履き心地が良く、長くはける靴下が欲しいなーと思っておりました。

個人的に優先すべきポイントは繊細さやふんわり感ではなく、丈夫さと程よい品の良さ。

そんな私が見つけました。 「エフスタイル」 さんの靴下。


                     

                      IMG_3642.jpg






ひとつは 「ズレ落ちず、しめつけない靴下」 普通よりリブ部の丈が長くトップに来る部分はゴム無しなので、しめつけを分散させ、靴下を上げた状態からもズレ落ちず、ふくらはぎをしめつけないので、履き心地も抜群なのだそう。

もうひとつは 「ゴムが入っていない靴下」 ゴムが入っていなくてもズレ落ちたりせず、昔ながらの低速の編み方で、履き心地の良さを追求した靴下で、洗濯するほど風合いが良くなり、長く愛用できるそうです。

なんとも理想的! やはり履き心地も文句なし。 これ、リピートしたいな・・・・・・・


蔵前に用事があり、せっかく蔵前に来たのだからと 「in-kyo」 さんに寄り、この靴下を購入しました。 (2階はアノニマ・スタジオさん)

「in-kyo」 さんの店内には上部にロフトのようなスペースが有り、そこにアンティークのガラス瓶が置いてあったので値段を尋ねると、奥にあった荷物用(?)のむき出しのエレベータに、ひらりと飛び乗ったお店の方・・・・ 「ガーーッ」 となんともアナログな音と共にエレベーター上昇。 そのままロフトまでたどり着き、値段を調べてくださいました。・・・・・・・そこまでしていただいたのにビン買わなくてスミマセン。。。。 (やっぱり、持って帰る途中壊れそうで・・・・)
単なるディスプレイだと思っていたのに、エレベーターが動いた事に感動いたしました。 


実は昨日気づいたのですが、盛岡のHolzさんで8日まで、「エフスタイル展」 やっていたみたいです。。。。


・・・・・・・・・・・またしてもワタクシ、しくじりました・・・・・・・盛岡だったら行けたのに・・・・・・・・・・


後悔先に立たず・・・・・デス・・・・・・・DEATH・・・・




Comment 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう