岩手なお菓子とそのパッケージ 

お気に入り 2009/04/15

            IMG_3943.jpg

南部せんべいでおなじみの巖手屋 「生南部サブレ」
 
これは文句なく、おいしいです。 

しっとりクッキー生地にチョコレートが挟んであります。 間違いないです。 おみやげにも喜ばれることでしょう。

ただ・・・6個入りとは、ちと少ないかもしれません。 家族に買って帰ったのですが、あっさり無くなりました。
もっと欲しい場合は、もうひと箱買う必要があります。 つまり計12個です。
微妙な話ですが、10個入りが欲しいです。。。。。。

       
         IMG_3942.jpg

そして、なにより魅力なのはパッケージの絵! 
正直、私は最初ジャケ買いならぬ、パッケージ買いしてしまいました。
画家で漫画家のおおば比呂司さんの絵です。
おおばさんは南部せんべいをはじめ、巖手屋商品のパッケージの絵を沢山手がけていて、私にとって幼い頃から馴染みのある絵です。
そのほとんどが田舎をイメージさせる「懐かしくて素朴」な味わい深い絵で、まさに岩手のお菓子にぴったりです。
生南部サブレの絵は田舎は田舎でも東欧の田舎、といった感じですね。(絵本から抜粋したのカシラ?)
おおばさんは残念ながら、もうお亡くなりになられております。
でも、こういったお菓子のパッケージで、これからも人の心に住みついたノスタルジーを思い起こさせてくれることでしょう。


ポツリトつぶやき
生南部サブレのパッケージは紙の箱なのですが、缶の箱だったらもっと良かったな・・・・
この紙の箱は、小物入れに使うには弱すぎるので、取っておけないのです。
絵が気に入ってるから、捨てたくないんですよねー
ひとつあればいいから、限定で缶箱出してくれないかなー・・・・・というわがままな独り言・・・・・・



Comment 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう