スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスには絵本

お気に入り 2009/12/22

                IMG_7233.jpg


当ブログを長い間ご覧になってる方ならおわかりですね?

毎年恒例になりつつあるクリスマス絵本のご紹介。




  
                      img067.jpg
 
                            「トスカのクリスマス」

                            アン・モーティマー 絵
                            マシュー・スタージス 文

猫が主人公ですもの・・・買っちゃいますよ・・・・  とても細密な美しい絵です。  内容はほのぼの。 絵本というよりは、絵が細密過ぎて1ページ1ページ独立した作品集に見えなくもないですが・・・  でも、猫の表情がリアルなので 「あ、わかるわかる!ポコリンもこんな顔するなー」 と楽しめました。 猫好きには特におススメ☆


              ご興味のある方はアマゾン川へ →  トスカのクリスマス (講談社の翻訳絵本)







                        img069.jpg

                               「ビロードうさぎ」

                            文 マージェリィ・ウィリアムズ
                            絵 ウィリアム・ニコルソン
                            訳 石井 桃子

厳密に言うとクリスマス絵本とは違うかもしれませんが、クリスマスの朝から話がスタートしていますし、クリスマスプレゼントに大切な誰かに贈りたくなる絵本だと思いましたので。。。
うさぎは2度、本物のうさぎになれました。 「本物」になるとはどういうことなのか? この本を読み終えた多くの人が、大切だったおもちゃや人形の事を思い出すはず。 長く読み継がれている作品です。そして、これからもそうでありますように・・・・・

酒井駒子さんのバージョンもありますね。 2冊読み比べても素敵かもしれません。
 

                     ご興味のある方はアマゾン川へ → ビロードうさぎ








                     IMG_7297.jpg

                          「おもいでのクリスマスツリー」

                           文 グロリア・ヒューストン
                           絵 バーバラ・クーニー

 
            IMG_7300.jpg    IMG_7299.jpg


この本の事は、以前もちょこっと書きましたが・・・ バーバラ・クーニーが挿絵を手掛けたクリスマス絵本の中で1番好きなお話です。 楽しいはずのクリスマスも戦争が影を落とします。 そこで主人公ルーシーの母親がどんな行動に出たか。 母親の勇気が胸を熱くする素晴らしいお話。 お子様にもお薦めですが、特にお母様に読んでいただきたい1冊です。  


             ご興味のある方はアマゾン川へ → おもいでのクリスマスツリー









                       img068.jpg

                              「モミの木」
              
                           原作 H.Cアンデルセン
                     写真・構成 M.イムサンド / R.マーシャル


              IMG_7301.jpg   IMG_7303.jpg

これは・・・最近古本屋で買ったのですが・・・・ 懐かしくてねー・・・高校生ぐらいの時だったかな? この本も含め 「ワンス・アポンナ・タイム・シリーズ」 として、20冊の絵本が売っていて、全部揃えたいと思っていました。結局その中で 「赤ずきん」 だけ買った記憶が・・・・・・あれもどこかに行ってしまったな。 
このシリーズをご存知の方は・・・おめでとうございます。同世代ですね? 
1988年発行(うわー・・・・)
当時、こういったモノクロの写真が流行っていたなー  私は持っていなかったけど、銀色夏生さんの角川文庫、けっこうみんな持ってた。モノクロ写真が載ってたやつ。
「赤ずきん」 はサラ・ムーンの写真でした。 サラ・ムーンと言えば 「ミシシッピー・ワン」 という映画を今は亡き、お洒落映画の震源地・シネビヴァン六本木に見に行ったな~ 

・・・・「モミの木」 とは関係ない、思い出話ばかりしてスミマセン・・・ しかもあるピンポイントの世代にしかわからない話でしたね・・・・・

あらためてこの本を見て、モノクロ写真もいいもんだな・・・・と思ってみたり・・・


 なんと!今でもこの本買えるみたいですよ! アマゾン川へ → モミの木 (ワンス・アポンナ・タイム・シリーズ)








Comment 2

コメント

クリスマスにまつわる素敵な絵本満載ですね☆
ビロードのうさぎは、酒井駒子さんのを持っていますが、こちらも読んでみたいです(^o^)

イベントの作家さん達の作品もディスプレイも素敵♪
私も近かったら絶対行っちゃってます!いいなと思うイベントはことごとく東京が多くて、地方の人間は寂しいです~。

追伸:最後のオチ?!のような「ポコリンジャバラ」・・・いいですねぇ(^o^)v
URL | miruru #-[ 編集] | 2009/12/23 15:29

★miruruさま★


ビロードウサギ、酒井駒子さんの方が有名なのかな?
今回紹介した方は大人にいいかも。絵が少ないし・・・(その絵がまたいいんだけど)
酒井駒子さんの方はお子さんと一緒に読むのにいいかも。

東京ねぇ・・・確かに楽しいイベントが多いですよね・・・

ポコリンジャバラは友人へのクリスマスカード用に作ったものです。
URL | maki #-[ 編集] | 2009/12/24 01:03

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。