月あかりの庭で

お気に入り 2011/01/25

              IMG_2286.jpg


毎日毎日寒い訳ですが、ここ数日が特に寒い。 キーンとした凍る寒さ。

先日、真夜中にトイレに起きたら窓から光が漏れていたので 「おや?もう明け方?」 と寝ぼけて外を見る。
朝日だと思っていた光が実は月のあかりで、庭の全てを照らし出していました。

月が明るいとワクワクするのはなぜだろう?

もう十年以上夜型の体質がなかなか改善せず、体内時計が狂いまくっているからでしょうか?


♪月灯り青い岬に、ママの目を盗んできたわ♪


なんて、松田聖子さんの歌声がエンドレスで頭の中で流れます・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そんな〝夜″なワタクシが子供の頃から好きな本2冊


空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)
(1976/09/20)
エリノア・ランダー・ホロウィッツ

商品詳細を見る


今でも時々手にとってはその世界に浸りきってしまう美しい夜の絵本。







月読―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)月読―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)
(1996/08)
山岸 凉子

商品詳細を見る


これを初めて読んだ時はまだ子供だったのだけど、かなり衝撃的でしたね。 
日本の神話を元に月の神様 「月読命(つくよみのみこと)」 の物語。
苦悩と官能でめまいがしそう・・・・・
この本以外でも山岸凉子先生の短編集は何冊か文庫本サイズで出ているのですが、全て読み応え十分。







Comment 0

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

OTHERS

TAG

policohumourをフォローしましょう